iPhoneか、Androidかが問題ではない 最適なモバイル管理製品を選ぶための5カ条使える機能は セキュリティだけじゃない

企業にとって、適切な機能を備えたエンタープライズモビリティ管理(EMM)製品の選定は、導入の成功を左右する重要な課題だ。製品選定の際、企業が押さえておくべき5項目を紹介する。

2017年09月01日 05時00分 公開
[Jack GoldTechTarget]

画像 同じ名称の機能でも、製品によって詳細に差がある

 業務にモバイルデバイスを活用し、安全に運用するために、EMMは全ての組織が導入すべきソフトウェアではあるが、その機能や使い方は、製品によって全て異なる。

 社用デバイスか従業員の私用デバイスかを問わず、モバイルがほとんどあらゆる組織に普及する現在、エンタープライズモビリティ管理(EMM)の導入は必要不可欠だ。市場には数多くの製品が流通し、各組織や企業のIT部門は、それぞれ異なるニーズや課題を抱える。各企業が自社に最適なEMM製品を見つけるために、押さえるべき重要な点は5つある。

各モバイルOS向けの作動体制を確認すべし

 皆がWindows PCを標準で使っていた昔と違い、あらゆるモバイルデバイスに同じOSやアーキテクチャが備わっているわけではない。Appleの「iOS」やGoogleの「Android」搭載端末の業務利用が増える状況で、企業はこれらのOSの安全性を可能な限り同じ条件設定で確保する必要がある。

 数多くのバージョンが存在するAndroidとiOSは全くの別物だが、ほとんどのEMMツールは、両OSを効率的に管理できる機能を持っている。とはいえ、製品選定の際、企業は「異なるOSに同じ条件設定が可能かどうか」「組織の戦略的セキュリティ目標を達成できるかどうか」などについて、注意深く確認する必要がある。

セルフサービス型登録機能の有無を確認すべし

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...