Windows“レガシーアプリ”をiPad/iPhoneで動かせる注目製品捨てられない業務アプリがそこにある

Windowsで稼働するレガシーアプリをいまだに捨てられない企業は多い。こうした旧来の業務アプリは、モバイル端末でさまざまな問題を引き起こす可能性がある。IT部門はどのように対処すべきだろうか。

2015年02月04日 12時00分 公開
[Matt Kosht,TechTarget]

 現在でも旧世代のアプリケーションを業務に使っている企業は、リファクタリングという開発手法を用いることによって、その寿命を延命させることが可能だ。

 米Microsoftの「Windows」で稼働する業務用のレガシーアプリケーションは、米Appleの「iOS」や米Googleの「Android」のようなモバイルプラットフォームが登場する何年あるいは何十年も前から、数え切れないほど作られてきた。そのため、旧式のビジネスアプリケーションはモバイルとの互換性を考えたデザインになっていない。さらに、開発ベンダーは既に存在しないか他社に買収されていることも多く、IT部門は残されたレガシーアプリケーションの対応に頭を悩ませている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...