2015年02月04日 12時00分 UPDATE
特集/連載

捨てられない業務アプリがそこにあるWindows“レガシーアプリ”をiPad/iPhoneで動かせる注目製品

Windowsで稼働するレガシーアプリをいまだに捨てられない企業は多い。こうした旧来の業務アプリは、モバイル端末でさまざまな問題を引き起こす可能性がある。IT部門はどのように対処すべきだろうか。

[Matt Kosht,TechTarget]
0203_kf_win_190.jpg

 現在でも旧世代のアプリケーションを業務に使っている企業は、リファクタリングという開発手法を用いることによって、その寿命を延命させることが可能だ。

 米Microsoftの「Windows」で稼働する業務用のレガシーアプリケーションは、米Appleの「iOS」や米Googleの「Android」のようなモバイルプラットフォームが登場する何年あるいは何十年も前から、数え切れないほど作られてきた。そのため、旧式のビジネスアプリケーションはモバイルとの互換性を考えたデザインになっていない。さらに、開発ベンダーは既に存在しないか他社に買収されていることも多く、IT部門は残されたレガシーアプリケーションの対応に頭を悩ませている。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...