2015年02月03日 08時00分 公開
特集/連載

スマートフォンからデスクトップPC操作、その便利さと問題はモバイルシンクライアントの落とし穴

モバイル端末をシンクライアント端末として利用するときの操作性は徐々に改善されている。ただし、接続性やテキスト入力など、「使いにくい」と感じる点はまだ残っている。

[Alastair Cooke,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)は、さまざまな種類の端末からアプリケーションへアクセスできるようにする。外勤のスタッフでも、デスクトップPCやノートPCだけでなく、タブレットなどのモバイル端末から会社のアプリケーションへアクセス可能だ。

 ただし、VDIのエクスペリエンスは、全ての端末で同じわけではない。ネットワークの速度や画面サイズ、タッチインタフェースなどの使い勝手が、ユーザビリティに大きく影響するからだ。利用に適する仕事やスタッフメンバーも、モバイル端末の種類によって異なる。

モバイルシンクライアントに潜む「3つの落とし穴」

 会社が端末を支給して「BYOD(私物端末の業務利用)」を進めているなら、エンドユーザーにはタブレットやスマートフォンを含む多様なモバイル端末の選択肢を提示することが重要だ。それが、モバイル端末をシンクライアント端末として利用するときのカギになる。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


落とし穴1:モバイルネットワーク

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...