2015年01月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

画面サイズだけではないその理由「iPhone 6 Plus」はなぜ大ヒット? 次に“大画面スマホ”を選ぶべき5つの理由

「iPhone 6 Plus」をはじめ、5.5インチ以上のディスプレーを搭載した“大画面スマホ”が支持を集めている。ユーザーが便利に思っていることとは? 5つの理由を挙げる。

[Jeff Dunn,TechTarget]

関連キーワード

iPhone | Apple


ik_tt_iphone01.jpg iPhone 6 Plus

 「ファブレット」は生まれては消えていく流行語の1つで、何とも奇妙な造語だ。だが、今日では何でも大きいことが普通になっている。ほんの2年前に大きいといわれていた最上位機種は、現在では進化して大きくなった機種の「コンパクトな」バージョンと考えられている。また、大手スマートフォンメーカーでは、従来のスマートフォンと小型タブレットの中間サイズのデバイスが大きく売り上げを伸ばしている。米Appleの動向は、良くも悪くも世界のテクノロジーに関する嗜好を左右する。そのAppleが「iPhone 6 Plus」で大型化の流れに便乗した。その結果、次に購入するスマートフォンの候補として、大型スマートフォンを真剣に検討するユーザー数はうなぎのぼりに増えている。

 本腰を入れて考えると疑念が強まる。ファブレットの購入を検討するユーザーは「サイズが大きすぎやしないか」という疑問を持つかもしれない。そう感じる人がいても無理はない。ファブレットがズボンのポケットにぴったり収まることはないからだ。ただし、高性能のスマートフォンに乗り換えることを検討している多くのユーザーは、ファブレットを選択肢の候補から外さないのが賢明だろう。本稿では、その理由を示す。

1.メディア視聴の快適さ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...