2015年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

ここが甘いよ企業のモバイルアプリ対応、「iPhoneで使えれば合格」ではないIT業界で働く女性コンサルタントに聞いた

企業のモバイル対応は、ベーシックアプリからさらに先へ踏み出し、基幹業務アプリケーションへと進んでいる。その現状についてAccenture Mobilityのニッシャ・シャルマ氏に話を聞いた。

[TechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device)


米Accenture Mobility
ニシャ・シャルマ氏

 エンタープライズモビリティの成熟に伴い、企業はより複雑な基幹業務アプリケーションのモバイル対応に乗り出している。

 IT部門はそうしたアプリをユーザーに配布するに当たり、新しいツールとアクセスプロトコルを使ってアプリケーションの支配権を取り戻している。本稿ではアプリのセキュリティと使い勝手のバランスを取りながらモバイルの真価を引き出す方法と、企業が直面している管理上の課題について、技術コンサルティングとサービスを手掛ける米Accenture Mobilityのマネージングディレクター、ニシャ・シャルマ氏に解説してもらった。

――あなたにとって「モダンモビリティ」(最新のモビリティ)は何を意味しますか?

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...