2015年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

IT業界で働く女性コンサルタントに聞いたここが甘いよ企業のモバイルアプリ対応、「iPhoneで使えれば合格」ではない

企業のモバイル対応は、ベーシックアプリからさらに先へ踏み出し、基幹業務アプリケーションへと進んでいる。その現状についてAccenture Mobilityのニッシャ・シャルマ氏に話を聞いた。

[TechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device)


米Accenture Mobility
ニシャ・シャルマ氏

 エンタープライズモビリティの成熟に伴い、企業はより複雑な基幹業務アプリケーションのモバイル対応に乗り出している。

 IT部門はそうしたアプリをユーザーに配布するに当たり、新しいツールとアクセスプロトコルを使ってアプリケーションの支配権を取り戻している。本稿ではアプリのセキュリティと使い勝手のバランスを取りながらモバイルの真価を引き出す方法と、企業が直面している管理上の課題について、技術コンサルティングとサービスを手掛ける米Accenture Mobilityのマネージングディレクター、ニシャ・シャルマ氏に解説してもらった。

――あなたにとって「モダンモビリティ」(最新のモビリティ)は何を意味しますか?

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...