2015年02月12日 12時00分 公開
特集/連載

あなたが作ったモバイルアプリが使われない“やっぱりな理由”ユーザー視点が重要な企業のモバイルアプリ開発

自社でモバイルアプリケーションを開発する際、その成功はユーザーからのサポートに懸かっていることを忘れてはならない。では、ユーザーである従業員からの支持を得るにはどのようにすればいいのだろうか。

[Steve Damadeo,TechTarget]

 エンタープライズモバイルアプリケーションを導入するときには、ユーザーによる受け入れの重要性を見落としてはならない。

 2014年の1年間にダウンロードされたモバイルアプリケーションの総数は100億個にも上る。だが、大ヒットを記録したのはそのほんの一部にすぎない。多くのアプリケーションが見限られる中で、成功するアプリケーションの条件とは何だろうか。ユーザーの利用を促進する3つの方法を取り上げる。大半のIT部門がその全てまたは一部を採用できるものだ。

  • レガシーアプリケーションは極力モバイルに移行しないようにする
  • サービスをモバイル対応にすることでメリットがあるかどうかを考える
  • ユーザーのニーズを中心に考える

ポイント1:レガシーアプリケーションへの対応

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。