2015年02月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーにそっぽを向かれるにはわけがあるダウンロードしても1回しか使われないモバイルアプリの共通点は?

業務向けに開発されたモバイルアプリが増えている。しかし、その多くが操作性やダウンロード時の手間などが原因で使われることがないという。

[Colin Steele,TechTarget]
jo_tt_160210_it.jpg

 ビジネスユーザーは、企業向けのアプリケーションが一般消費者向けのアプリケーションと同じく迅速に更新されてほしいと考えている。そのため、IT部門はモバイルアプリケーションライフサイクル管理の改善を迫られている。

 アプリケーションはモバイルの革新を後押ししてきた。そして、ますます日常生活に欠かせない存在となっている。米Nielsenが2014年7月に公開したリポートでは、米国内で米Appleの「iPhone」と米Googleの「Android」の所有者がモバイルアプリケーションを使用する時間は1カ月当たり30時間であることが明らかになった。これは2011年の18時間から上昇している。

ユーザーのフィードバックに敏感な開発者たち

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...

news073.jpg

モバイルアプリの成長を後押しするテレビCMには2つのタイプがあると判明――フラーとエム・データ調べ
フラーはエム・データと共同で、モバイルアプリに関するテレビCMの放映回数・時間とアプ...

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...