ExcelのiPhone、Android版に加わった「紙の表をAIでデータ化」する機能とは「Insert Data From Picture」(画像からのデータ)機能を解説

iOS版やAndroid版の「Microsoft Excel」に、カメラで撮影した表を自動認識してデータ化する機能が加わった。IT担当者は、有効性のテストとユーザートレーニングができるように、この機能の仕組みを把握すべきだ。

2019年10月27日 08時30分 公開
[Gary OlsenTechTarget]

 Microsoftは最近、表計算ソフトウェア「Microsoft Excel」のモバイルデバイス版に、画期的な方法でデータを入力できる新機能を導入した。IT担当者は、自社の既存ワークフローに取り入れる前に、この機能をテストしておくべきだ。

 「Insert Data From Picture」(画像からのデータ)というこの人工知能(AI)機能は、「iPhone」や「Android」デバイス向けExcelの最新版に搭載されている。原稿執筆時点では英語版やドイツ語版など21言語版で利用可能だ(日本語版では利用できないが、一部のデバイスでは開発者向けのβ版をインストールすると利用可能)。

 エンドユーザーは画像からのデータ機能を使うと、紙に印刷された表を写真に撮り、そのデータをExcel形式でインポートして編集できる(画面1、2)。紙に印刷された表のデータを、手動でExcelに入力するという、時間がかかる面倒な作業をする必要をなくせるということだ。

画面1画面2 画面1、2 モバイルデバイス版Excelで利用可能な画像からのデータ機能の使用例(画面は英語版)。紙に書かれた表を自動認識し(左)、データとして出力できる《クリックで拡大》

「画像からのデータ」を理解する

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...