2019年10月27日 08時30分 公開
特集/連載

ExcelのiPhone、Android版に加わった「紙の表をAIでデータ化」する機能とは「Insert Data From Picture」(画像からのデータ)機能を解説

iOS版やAndroid版の「Microsoft Excel」に、カメラで撮影した表を自動認識してデータ化する機能が加わった。IT担当者は、有効性のテストとユーザートレーニングができるように、この機能の仕組みを把握すべきだ。

[Gary Olsen,TechTarget]

 Microsoftは最近、表計算ソフトウェア「Microsoft Excel」のモバイルデバイス版に、画期的な方法でデータを入力できる新機能を導入した。IT担当者は、自社の既存ワークフローに取り入れる前に、この機能をテストしておくべきだ。

 「Insert Data From Picture」(画像からのデータ)というこの人工知能(AI)機能は、「iPhone」や「Android」デバイス向けExcelの最新版に搭載されている。原稿執筆時点では英語版やドイツ語版など21言語版で利用可能だ(日本語版では利用できないが、一部のデバイスでは開発者向けのβ版をインストールすると利用可能)。

 エンドユーザーは画像からのデータ機能を使うと、紙に印刷された表を写真に撮り、そのデータをExcel形式でインポートして編集できる(画面1、2)。紙に印刷された表のデータを、手動でExcelに入力するという、時間がかかる面倒な作業をする必要をなくせるということだ。

画面1画面2 画面1、2 モバイルデバイス版Excelで利用可能な画像からのデータ機能の使用例(画面は英語版)。紙に書かれた表を自動認識し(左)、データとして出力できる《クリックで拡大》

「画像からのデータ」を理解する

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。