2019年06月12日 05時00分 公開
特集/連載

“脱Excel”か“活Excel”か古参Excelユーザーほど新しい関数を知らない? 便利な新関数をおさらい

「Office 365」の普及が進めば、最新バージョンの「Microsoft Excel」利用者も増える。そうなれば「互換性のために古い機能を使う」場面は減る。「Excel 2007」以降に追加された代表的な関数をおさらいしよう。

[村山 聡,著]

「Excel 2007」以降は大きな変化のないMicrosoft Excel

画像

 「Microsoft Excel」(以下、Excel)は、1985年の登場以降、何度もバージョンアップを重ねています。直近では2018年10月ごろ(国や地域によって異なる)にサブスクリプション型の「Office 365」を契約しているユーザーに対して「Excel 2019」の提供が始まり、2019年1月には国内向けにパッケージ版も発売されました。

 Excelが企業で本格的に使用され始めたのは、1995年に「Windows 95」と同時発売となった「Excel 95」からでしょう。Excel 95からExcel 2019までに何度もバージョンアップをしています。この中で特筆すべきは「Excel 2003」から「Excel 2007」へのバージョンアップで、過去最大ともいえる変更が加わりました。まずExcelファイルの保存形式が「XLS」(拡張子:. xls)から「XLSX」(拡張子:.xlsx)に変更されました。さらに、Excel 2003は最大で6万5535行までのデータまでしか扱えませんでしたが、Excel 2007は一気に100万行以上のデータを扱えるようになりました。画面の外観も劇的に変化し、Excel 2019まで使用され続けている「リボンUI」が採用されました。

 一方で他のバージョンアップは、さまざまな改良が加わったり機能が追加されたりしているものの、Excel 2003からExcel 2007へのバージョンアップほどの変化はありません。そのため、われわれユーザーは、Excelのバージョンが変わっても、操作性や機能の変更にそれほど困ることなく新しいバージョンのExcelを使用できます。ところが、困らずに利用できてしまうが故に、新しく追加された機能の使用に消極的になることがあります。Excelは長年使用されてきたからこそ、ユーザーそれぞれが自分に合った使用方法を習慣として身に付けてしまっており、それも新しい機能の使用には消極的になる要因となります。

関数はバージョンアップごとに追加されている

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...