読者の業務利用率トップはiPhone? それともiPad?スマートデバイスに関する読者調査リポート

iPhoneやiPad、Android端末などのスマートデバイスは、企業でどう利用されているのだろうか。導入数トップの端末は。読者調査を基に、スマートデバイスの利用実態を探る。

2012年09月12日 08時00分 公開
[鳥越武史TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年8月20日から9月2日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象にスマートフォンタブレットなどのスマートデバイスに関するアンケート調査を実施した。スマートデバイスの用途や導入済みのスマートデバイス向けセキュリティ製品、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになったスマートデバイスの利用実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員の企業におけるスマートデバイスの導入状況について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年8月20日〜9月2日

総回答数:152件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


57.8%がスマートデバイス導入

 スマートデバイス業務利用の許可状況について聞いたところ、「全社的に許可している」(16.4%)、「一部の職種、役職のみに許可している」(41.4%)を合わせて、57.8%がスマートデバイスの利用を許可していることが分かった(図1)。「許可していないが検討中」も20.4%おり、スマートデバイス利用企業はさらに増加すると考えられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...