2012年09月12日 08時00分 公開
特集/連載

読者の業務利用率トップはiPhone? それともiPad?スマートデバイスに関する読者調査リポート

iPhoneやiPad、Android端末などのスマートデバイスは、企業でどう利用されているのだろうか。導入数トップの端末は。読者調査を基に、スマートデバイスの利用実態を探る。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年8月20日から9月2日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象にスマートフォンタブレットなどのスマートデバイスに関するアンケート調査を実施した。スマートデバイスの用途や導入済みのスマートデバイス向けセキュリティ製品、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになったスマートデバイスの利用実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員の企業におけるスマートデバイスの導入状況について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年8月20日〜9月2日

総回答数:152件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


57.8%がスマートデバイス導入

 スマートデバイス業務利用の許可状況について聞いたところ、「全社的に許可している」(16.4%)、「一部の職種、役職のみに許可している」(41.4%)を合わせて、57.8%がスマートデバイスの利用を許可していることが分かった(図1)。「許可していないが検討中」も20.4%おり、スマートデバイス利用企業はさらに増加すると考えられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。