2021年09月09日 05時00分 公開
特集/連載

私物iPhone/iPad管理を楽にする「User Enrollment」とは?User Enrollmentで実践、iOS/iPadOSデバイスのBYOD【前編】

Appleの「User Enrollment」(ユーザー登録)は、「iOS」「iPadOS」端末のBYODに役立つ可能性がある。企業データと個人データの明確な分離を実現するUser Enrollmentの主要機能は。

[Peter van der Woude,TechTarget]

 仕事とプライベート兼用の「iPhone」「iPad」を企業が管理する必要があるときは、Appleのデバイス管理機能である「User Enrollment」(ユーザー登録)が役立つ。User Enrollmentは、「iOS 13」と「iPadOS 13.1」に組み込まれた比較的新しい機能だ。IT管理者はUser Enrollmentにより、仕事とプライベート兼用のiPhone(「iPod touch」を含む)やiPad内で、企業データと個人データを明確に分離できる。BYOD(私物デバイスの業務利用)を採用する企業は、従業員の私物iPhone/iPadや、個人利用を許可している企業所有のiPhone/iPadなどの管理にUser Enrollmentを使える。

User Enrollmentで何ができるか

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...