2013年01月18日 18時30分 公開
特集/連載

ジョブズ氏最後の間違い? 駄作ではなかった「iPad mini」「持ち運びやすさ」が新たな用途を開拓

故スティーブ・ジョブズ氏がかたくなに反対していた「iPad mini」の販売。ジョブズ氏の判断は正しかったのだろうか。ユーザーは、iPad miniにタブレットの新たな用途を見いだしつつある。

[Andy Patrizio,TechTarget]

 スティーブ・ジョブズ氏は、最期までiPadの小型デザインというアイデアに強く反対していた。この世を去る直前まで、同氏は小型のフォームファクターの採用を拒んだ。

 2010年10月にウォール街のアナリスト向けに行われた収支報告の電話会見で、ジョブズ氏はこう述べている。「7インチの画面は、10インチの画面の70%だと考えている人が多い。だが、これは大きな間違いだ。画面サイズは対角線の長さで表されるので、7インチ画面の実際の大きさは、iPadの10インチ画面の45%にすぎない」

写真 iPad mini

 さらに同氏は、「横長表示にした7インチ型タブレットの画面は、iPadの画面の下半分よりも小さい。これでは優れたタブレット用アプリケーションを開発できないというのが、われわれの考えだ」と語った(関連記事:タブレットの画面サイズ、7インチと10インチどちらがベスト?)。

 スティーブ・ジョブズ氏がこの世を去り、ティム・クック氏が米Appleのかじ取りをするようになり、7.9インチの「iPad mini」が登場した。小型のフォームファクターでありながら、解像度はiPad 2と同じ1024×768ドットだ。

 iPadは大ヒット商品となり、さまざまな場面で利用が拡大している。POSシステムをiPadでリプレースしようと考える小売店や、コックピットにある重さ20キロ近くのフライトマニュアルをiPadで置き換える航空会社もあれば、紙のメニューの代わりにタブレットを使い始めたレストランもある。

 とはいえ、iPadは大きなデバイスだ。重さはわずか1.3ポンド(約600グラム)だが、10インチ近くのディスプレーを楽に持ち歩くことはできない。では7.9インチのiPad miniは、新たな活用分野や利用モデルを開拓できるのだろうか。「その可能性はある」というのが、支持者らの意見だ。ただし、それは用途次第だという。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...