2011年11月04日 18時30分 公開
特集/連載

ジョブズ氏亡き後のApple:アフター・ジョブズを占う新CEOはiPadを進化させることができるか

Appleは、同社復活の象徴であるジョブズ氏を失った。これはApple興隆の終わりを意味するのか、それともさらなる躍進の始まりなのか。

[Jamison Cush,TechTarget]

 米Appleの2011年度第4四半期(2011年7〜9月期)決算が、極めて高かった事前の市場予測を下回ったというニュースおよび「iPhone 4S」の発売を受け、米TechTarget傘下のTabletPCReviewタブレット事業を中心に、スティーブ・ジョブズ氏亡き後のAppleの行方をあらためて占う。Appleは今後も、イノベーションによってライバルをリードし続けることができるのか。

Appleのインパクト

 端的に言えば、Appleはタブレットを発明したのではない。タブレットを再発明したのだ。

関連ホワイトペーパー

iPad | タブレット | Apple | iPhone | イノベーション


ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...