2011年08月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティは他の企業が担当すべき分野?「セキュリティ上、AppleはiOSをオープンにすべき」とKasperskyのCTO

iOSをオープンにすることは、セキュリティの観点で吉か凶か。現時点ではオープンなAndroidよりも高いセキュリティを実現しているが、今後もその状態が続くのか?

[Robert Westervelt,TechTarget]

 ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labの最高技術責任者(CTO)であるニコライ・グレベニコフ氏は英Computing誌の取材に応じ、「米AppleはモバイルOSのiOSをオープンにし、同プラットフォーム向けのセキュリティソフトウェアを開発しやすくするべきだ」と語った。

 「Appleは現行のクローズドなアプローチをいつまでも続けているわけにはいかない。私の考えでは、Appleは競争力を維持するために同プラットフォームを1年以内にオープンにすることを検討すべきだ。あれだけの製品を開発しながら、その上、セキュリティの分野でまで世界のリーダーになるのは不可能だ。それは他の企業が担当すべき分野だ」と同氏はComputing誌に語っている。

 これは興味深い指摘だ。AppleがiOSに制限を設けていることで、アンチウイルスベンダーは事実上、Apple端末では従来のセキュリティソフトウェアを有効に動作させることができない。だがセキュリティ専門家の大半は、「iOSはアプリケーションに制限があり、さらにソフトウェア開発者にも制約が課せられていることから、セキュリティ攻撃を受けにくいプラットフォームになっている」として、同プラットフォームを高く評価している。iOSで動作するアプリケーションは相互に隔離されているため、マルウェアがiOS端末の重要なプロセスにアクセスするのは非常に難しいのだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...