2011年07月14日 09時00分 公開
特集/連載

どれを選ぶ? Android端末向けセキュリティ対策ソフト比較気になるスマートフォンのセキュリティ

ウイルス対策ベンダーが提供するAndroid端末向けセキュリティ対策ソフトの中からエフセキュア、カスペルスキー、キングソフト、シマンテック、トレンドマイクロ、マカフィーの製品を紹介する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 日本でも徐々にシェアを伸ばしているAndroid端末。OSのバージョンアップに伴い、実現できる機能もさらに充実してきた。Android端末といえば、良くも悪くもそのオープン性が特徴だ。端末自体のカスタマイズだけでなく、スマートフォン人気を後押しするアプリケーションも自由に開発ができる。書店やコンビニエンスストアでは、関連する書籍や雑誌が数多く置かれている。

 一方、セキュリティの観点で見たAndroid端末は、2010年に海賊版のアプリケーションを悪用したウイルスが発見されるなど、AppleのiOS端末と比較して脆弱性が多いといわれている(関連記事:Android端末はなぜ危険か)。管理の観点でも、OSのバージョンや各端末メーカーの仕様によって端末固有のセキュリティ機能にバラつきがあるなど、一元管理が困難となっている。

 スマートフォンは、端末が持つ「パスワード設定」や「アプリケーションのダウンロード制限」をすることで最低限のセキュリティレベルを担保できる。しかし複数の端末を利用するような企業利用の場合、専用のウイルス対策ソフトのインストールやセキュアなリモートアクセス環境の構築など、製品導入で実現するより強固なセキュリティ対策が求められる。

 スマートフォン向けのセキュリティ製品、サービスはここ数年で数多くリリースされた。今回はその中から、現在販売中(一部近日発売予定を含む)のAndroid端末向けウイルス対策ソフト(アプリケーション)を6つ紹介する(50音順)。なお、上記で挙げたようにAndroid端末はOSのバージョンごとに実現できるセキュリティ機能に違いがあるため、その点がセキュリティ製品の機能にも大きく影響する。製品購入時には、自身(自社)の端末の対応状況と、どの程度の機能まで利用できるかの確認が必須となる。

主なAndroid端末向けウイルス対策ソフト一覧

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...