2014年07月09日 08時00分 公開
特集/連載

「MDM万能論」への警告「iPhone」と「Android」を1つのツールで完璧に管理? 甘い言葉にご注意を

スマートデバイス管理の必需品ともいえる存在になった「モバイルデバイス管理(MDM)」ツールだが、導入時には注意が必要だ。“対応端末”の全てを同様に管理できるわけではないからである。

[Todd Knapp,TechTarget]

 「モバイルデバイス管理(MDM)」ツールを使ってポリシーを配備・適用するのは、小学校低学年のクラスを担当するようなものだ。

 低学年クラスの児童は2つの主なグループに分けられる。男子と女子だ。だが低学年クラスを担当したことのある教員なら、この違いが大きな悩みの種になり得ることを知っている。

 多くの企業では、社内のモバイル端末も2つの主なグループに分けられる。米Googleの「Android」を搭載した端末と、米Appleの「iOS」搭載端末だ。子どもたちがそうであるようにモバイル端末にもそれぞれ個性があり、ルールやポリシーへの対応の仕方も少しずつ異なる。

 MDMの導入は、管理者が個別の端末を管理する方法の1つだ。ただし気を付けなければならない問題も幾つかある。

MDMの弱点の原因は端末にあり

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。