2015年11月14日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone 6sで「お、これ便利」と思わずいいたくなる「3D Touch」テクニック集“ぐっ”と操作してグッ!となる

最新のiPhoneで新たに加わった「Peek」「Pop」。フリックだけだった2次元操作の世界から“押す”ことができる3次元操作によってiPhoneの可能性は、みんなが今思っている以上に広がるはずだ。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | iPhone | iOS


3D Touchで操作アクションは明らかに減る

3D Touch導入によって“アイコン押し込み”ですぐにメニューを表示できる

 スマートフォンのディスプレイがタッチ操作を感知できるようになって久しいが、米Appleの「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は圧力も感知するようになった。このおかげで、ユーザーの「画面をどれだけ強く押し込んだか」を認識可能だ。この「3D Touch」と呼ぶ新機能は、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」において同じ操作を従来のモデルより少ないアクションでできるようになった。

 多くのアプリでは、実際に起動しなくても、ホーム画面上でアイコンを押し込んだだけで、よく使うメニューを表示できる。「カメラ」アプリでは、アイコンを強く押すだけで自撮りや写真撮影、ビデオ撮影、スローモーション撮影がすぐにできる。

ちょっと分かりにくいPeekとPopはこう使い分ける

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...