2015年11月14日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone 6sで「お、これ便利」と思わずいいたくなる「3D Touch」テクニック集“ぐっ”と操作してグッ!となる

最新のiPhoneで新たに加わった「Peek」「Pop」。フリックだけだった2次元操作の世界から“押す”ことができる3次元操作によってiPhoneの可能性は、みんなが今思っている以上に広がるはずだ。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | iPhone | iOS


3D Touchで操作アクションは明らかに減る

3D Touch導入によって“アイコン押し込み”ですぐにメニューを表示できる

 スマートフォンのディスプレイがタッチ操作を感知できるようになって久しいが、米Appleの「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は圧力も感知するようになった。このおかげで、ユーザーの「画面をどれだけ強く押し込んだか」を認識可能だ。この「3D Touch」と呼ぶ新機能は、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」において同じ操作を従来のモデルより少ないアクションでできるようになった。

 多くのアプリでは、実際に起動しなくても、ホーム画面上でアイコンを押し込んだだけで、よく使うメニューを表示できる。「カメラ」アプリでは、アイコンを強く押すだけで自撮りや写真撮影、ビデオ撮影、スローモーション撮影がすぐにできる。

ちょっと分かりにくいPeekとPopはこう使い分ける

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...