2016年03月24日 08時00分 公開
特集/連載

包括的なモバイルセキュリティ研修が不可欠「iPhone」をパスワード未設定で放置させない方法

モバイル端末のセキュリティを脅かす要素はあらゆる場所に存在する。従業員には自分の身を守る訓練をしてもらうことが大切だ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
iPhone 6s スマートフォンの普及が企業にもたらすセキュリティリスクは小さくない(TechTargetジャパン「徹底レビュー:『iPhone 6s』の突き抜けた進化、『3D Touch』の底知れぬ可能性とは」より)《クリックで拡大》

 IT部門にとってセキュリティの方程式を解くことは困難だ。モバイル端末の流入で、事態はさらに複雑化している。業務上重要なアプリケーションとデータが入ったモバイル端末はあらゆる場所に存在し、企業をかつてないほどのリスクにさらしている。たった1人のユーザーがパスワードを設定していないスマートフォンを放置しただけで、全社的な不正侵入事件に発展しかねない。

 本稿ではITガバナンスについて企業に助言する専門団体ISACA(情報システムコントロール協会)の役員、エディ・シュワルツ氏にインタビューし、現代のモバイルセキュリティを脅かすリスクについて語ってもらった。シュワルツ氏はデジタル広告市場のサイバーセキュリティを手掛けるWhite Opsの最高執行責任者(COO)だ。モバイルセキュリティ研修の重要性と、避けるべき重大な過ちについて解説する。

従業員の意識向上が不可欠

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...