2009年03月24日 07時30分 公開
特集/連載

iPhoneのビジネス活用をサポートするセキュリティ製品標準搭載のCisco IPsec VPNを利用する

iPhoneを使ってオフィス外から会社のリソースにセキュアにアクセスできる製品が登場している。これでシンプルなVPN接続が可能になるのだろうか。

[Ron Condon,TechTarget]

 米AppleiPhone販売台数は全世界で1000万台を超えたが、この人気端末を職場環境で使えるようにするための製品に関してこれまでセキュリティビジネスの反応は鈍かった。

 そうした中、ドイツのセキュリティ企業Astaro(アスタロ)が「Security Gateway」アプライアンスの新機能を打ち出した。これでiPhoneユーザーはオフィス外から会社のリソースにセキュアにアクセスできるようになると同社はいう。同時に、システム管理会社のKACE Networksがサポートを提供している。

 AstaroはiPhone用の自動設定機能を開発し、iPhoneに標準搭載されているCisco IPsec VPNクライアントを使ってユーザーがセキュアな接続を設定できるようにした。

 3、4段階の簡単なステップを踏んで初期設定を済ませれば、ユーザーがログオンするたびにセキュアなVPNトンネルを自動的に作成し、セキュアなゲートウェイ内部にあるERP、CRMアプリケーションといった会社のリソースにアクセスできるようになるとAstaroは説明する。

 英国でAstaroの営業マネジャーを務めるアンドリュー・フォーリー氏は言う。「われわれは、遠隔設定の苦労の多くを取り払った。仕事でiPhoneを使おうと思ったらVPNを使う必要がある。どうせなら何か新しいものをダウンロードするのではなく、内蔵のものも使いたいだろう。課題はiPhoneをゲートウェイと交信させ、リソースにアクセスさせることだ。これはできる限りシンプルにする必要がある」

 いまだに管理職の多くは本格的なコンピュータ作業をするためにノートPCの持ち歩きを強いられているが、iPhoneでその作業ができるならその方がいいだろうとフォーリー氏は話す。「課題はエンドユーザーへの影響を最低限に抑えることだ。もしそれが難しければ、IT部門は対応しないだろうし、iPhoneは仕事では使えないただの“ぜいたく品”になってしまう」

 AstaroがCisco IPsec VPNクライアントに対応したのは、「Cisco PIX」(シスコシステムズのセキュリティゲートウェイ)アプライアンスを使っている多数のユーザー向けに、Secure Gatewayアプライアンスの魅力を高める狙いもある。Cisco PIXは2009年7月にサポート期限が切れるが、多くの企業は選択肢が限られていると考え、わざわざVPNクライアントを変更するよりは、Ciscoの新しいアプライアンスにアップグレードするだろうとフォーリー氏はみる。

 Astaro Security Gatewayはソフトウェアとして、アプライアンスとして、または仮想アプライアンスとして利用できる。英国ではチェスターフィールドのArc Technology Distributionと、サリー州チェッシントンのNorthamberを通じて提供予定(※)。

※編注:日本ではネクスト・イットデバイスドライバーズが提供中。

 ほかにもiPhoneを狙っている企業としては、システム管理を手掛けるKACEが最近、英国に進出した。同社は「KBOX」シリーズのシステム管理アプライアンスにiPhoneのサポートを追加。システム管理者はネットワーク上のほかの端末を管理するのと同じように、iPhoneのプロビジョニング、設定、ポリシー管理ができるようになった。


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。