2015年04月14日 08時00分 公開
特集/連載

1台で仕事用、個人用の使い分けを可能に攻撃を受けるiPhone、Android これだけあるセキュリティ対策の選択肢

仮想化やモバイル端末を使って、社員が外出先で仕事をすることが増えている一方、企業データ保護は重労働だ。情報漏えい対策ツールを使った企業データの守り方とは。

[Bryan Barringer,TechTarget]

 企業がどのような方法でモバイルアプリケーションを開発、展開しようとも、IT部門は、悪意ある攻撃や知的財産の損失可能性といった脅威に目を光らせていなければならない。

 どのモバイルOSにも欠陥があり、不注意な社員やマルウェアが機密データを危険にさらす恐れもある。社員は画面ロックをせずに、モバイル端末を公共の場にあっさり放置する。一方、ハッカーは企業システムに不正侵入する方法をいつも探している。

 IT部門は、社員のモバイル端末のセキュリティを確保するため、情報漏えい対策ツールを利用して企業データの侵害を回避できる。

マルウェア攻撃に先手を打つ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...