“金食い虫”のiPhone、Androidスマホを一掃する3つのヒントスマートデバイス活用コストを再考する【後編】

スマートフォンやタブレットといったモバイル活用のTCO(総所有コスト)を最適化し、投資対効果を最大限に引き出すにはどうすべきか。そのヒントを3つ紹介する。

2015年04月23日 12時00分 公開
[Craig MathiasTechTarget]
写真 戦略無きスマートデバイス導入は“無駄遣い”のそしりを免れない

 前編「『TCO』(総所有コスト)の本当の意味、正しく説明できますか?」では、企業のモバイル活用の総所有コスト(TCO)について解説。設備投資コスト(CAPEX)や設備維持コスト(OPEX)といった基礎事項の定義やその管理方法まで詳しく説明した。後編では、モバイル活用におけるTCOを最適化する3つのヒントを紹介する。

関連記事

機能や用途を必要最小限に絞り込み、提供価格を抑えたモバイルデバイス管理(MDM)製品が充実してきた。1台当たり月額100円台もしくはそれ以下の価格で利用できる、主要な10種を紹介する。


TCO最適化を図るヒント

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...