高過ぎる「憧れのiPhone」 安く手に入れるための賢い方法とはPC・スマートフォン市場の行方【後編】

IDCによると、PCと同様、スマートフォンの販売も振るわない。だが同じスマートフォンでも、“ある市場”に目を向けると状況は一変する。活性化する、もう一つのスマートフォン市場の正体とは。

2023年02月15日 08時15分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

 2022年第4四半期(10月〜12月)の世界のPC出荷台数(デスクトップPCとノートPCを含む)は6720万台となり、前年同期比28.1%減少したと調査会社IDCが発表した。同社によれば、インフレや地政学的緊張はスマートフォンの販売にも影を落としている。とはいえ「光」もある。世界スマートフォン市場の今を見てみよう。

“高過ぎるiPhone”を安価に入手できる“あの市場”

 IDCによると、2022年には新品スマートフォンの需要が減少した一方、中古スマートフォンの需要が高まった。そのため、中古スマートフォンの下取り価格が上昇したという。これは、下取りプログラムを利用して従業員の古いスマートフォンを売りたいと考えている企業にとって朗報だ。

 2022年の世界でのスマートフォン出荷台数は、IDC調べでは前年比9.1%減の12億4000万台だった。インフレの他、ロシアによるウクライナ侵攻をはじめとした地政学的緊張が響いた形だ。一方で同社の調査によると、中古スマートフォンの2022年の出荷台数は同11.5%増え、約2億8260万台となった。2026年には4億1330万台に達する見込みだという。

 IDCのアナリスト、アンソニー・スカーセラ氏によると、Appleの「iPhone」といった“高級”スマートフォンは再販価値が高い。部品品質や消費者によるブランド評価が高いからだという。スカーセラ氏によると、新品iPhoneは今後も高価格帯の設定が続くとみられる。経済力があまり強くない国や地域では、中古iPhoneの販売が活性化する可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...