意外と簡単? 「NFT」を狙った攻撃はこうして防ぐNFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第5回】

企業は「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃に立ち向かうためにはどうすればいいのか。実はその方法は難しいものではない。今すぐに始められるNFT攻撃対抗策とは。

2023年02月16日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

 代替できないデジタルデータである「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)を狙った攻撃の大半は、デジタルウォレット(電子決済用ソフトウェア)にアクセスするための情報を盗んだり、偽のNFTを購入させようとしたりするものだ。ここでは、こうした攻撃の被害に遭わないための8つの方法を紹介する。

1.鍵を秘密にすること

 デジタルウォレットへのアクセス情報は決して誰にも教えてはならない。「この目的のために、どうしても鍵が必要だ」と誰かに言われても、絶対に情報を渡さないことを心掛けよう。

2.NFTの販売者は誰かを調べること

 NFTを購入する前に、NFTマーケットプレース(取引サイト)にある販売者のアカウントを見て、サイト運用企業やエンドユーザーなどによる認証マークが付いているかどうかを確認する。他にも販売者の他の出品やレビュー、ソーシャルメディアアカウントも、信用できるかどうかの判断材料になる。

3.NFTの取引履歴を確認すること

 1日に何度も取引があるNFTには、注意が必要だ。

4.不審な添付ファイルやリンクはクリックしないこと

 リンクが本物のWebサイトに移動するように見えても、偽物の可能性がある。リンクはクリックせず、必ず直接、Webサイトにアクセスしよう。


 第6回は、NFT攻撃を防ぐための8つの方法のうち、5つ目から8つ目を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...