PCが売れなくなった“必然の理由”と「売れない時こそ買い時」な理由PC・スマートフォン市場の行方【前編】

IDCによると、PC市場は減少傾向だ。これはPCベンダーにとって悩ましいことであると同時に、ユーザー企業にとっては朗報だという。なぜなのか。

2023年02月07日 10時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

 PCを買うなら、いつがチャンスなのか。調査会社IDCによると、2022年第4四半期(10月〜12月)の世界のPC出荷台数(デスクトップPCとノートPCを含む)は6720万台で、前年同期比28.1%減少した。2022年の年間出荷台数は2億9230万台で、2021年と比べて16.5%減少したという。この動きは、PC購入を考えている企業にとって何を意味するのか。

PCが売れない“あの理由” なぜ「買い時」なのか?

 IDCのアナリスト、ジテシュ・ウブラニ氏によると、PCベンダー各社は販売の低迷を受け、製品の価格を下げている。ウブラニ氏は「需要の縮小によって各社は過剰在庫を抱えており、販売の活性化が急務だ」と説明する。今後はさらなる値下げの可能性もあると同氏はみる。企業はこうした動きを受け、PC調達のコストを抑制できる可能性があるということだ。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)時に始まったPC部品不足について、問題は解消されたとIDCはみる。半導体製品大手のIntelは最近、同社製品の値上げを発表した。ただしブラウニ氏は「PCベンダー各社はコスト抑制のために、値上げ前にCPUを仕入れており、短期的な影響はほとんどない」と語る。

 2022年のPC出荷台数の減少は、パンデミック特需の反動だとIDCは分析。パンデミックが始まった2020年から2021年にかけ、企業や教育機関、一般消費者はテレワークやオンライン教育の導入を受け、PCの買い替えに積極的だった。IDCによれば、パンデミック中には旅行やコンサート鑑賞ができず、消費者の資金に余裕ができたこともPCの販売増につながった。

 IDCは、2024年にはPC市場が再び成長に転じると予測する。MicrosoftはOS「Windows 10」のサポートを2025年10月14日に終了する計画だ。サポート終了に向け、企業でのPC買い替え需要が活性化するとIDCはみる。


 後編は、スマートフォンの販売動向に焦点を当てる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...