2014年10月08日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone/iPad管理なら実は「Mac OS X Server」が安くて最強、できることとは?iOSの進化やツールの充実で端末管理が楽に

「iPhone」「iPad」といったiOS端末の導入企業は、端末管理のためにサードパーティー製のMDM製品を購入する必要はない。iOSの機能強化に加え、米Apple製の純正ツールが充実してきたからだ。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 米Appleが次期アップデートに追加したiOS端末用モバイルデバイス管理(MDM)強化の新機能は、一見の価値がある。端末の自動登録ツールや内蔵機能が相互に連係することで、管理者の仕事は楽になる。

 今回のシステムアップデートで、Appleのスマートフォン「iPhone」とタブレット「iPad」は、任意のMDM製品とシームレスに連係するために必要なあらゆる機能をネイティブで備えることになる。

iOS端末では“インタフェース”にすぎないMDM製品

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...