2014年10月08日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone/iPad管理なら実は「Mac OS X Server」が安くて最強、できることとは?iOSの進化やツールの充実で端末管理が楽に

「iPhone」「iPad」といったiOS端末の導入企業は、端末管理のためにサードパーティー製のMDM製品を購入する必要はない。iOSの機能強化に加え、米Apple製の純正ツールが充実してきたからだ。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 米Appleが次期アップデートに追加したiOS端末用モバイルデバイス管理(MDM)強化の新機能は、一見の価値がある。端末の自動登録ツールや内蔵機能が相互に連係することで、管理者の仕事は楽になる。

 今回のシステムアップデートで、Appleのスマートフォン「iPhone」とタブレット「iPad」は、任意のMDM製品とシームレスに連係するために必要なあらゆる機能をネイティブで備えることになる。

iOS端末では“インタフェース”にすぎないMDM製品

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?
世界の音楽シーンに旋風を巻き起こすK-POP。その他の国・地域の音楽市場はどうなっている?

news153.jpg

「誰得営業」の実態とは?――ネオマーケティングとBaseconnect調査
営業活動で嫌な思いをしたことのある営業担当者は8割超。営業を受けて「良かった」と答え...

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...