2020年08月22日 05時00分 公開
特集/連載

Appleシリコンで「iPhoneのように使えるMac」が誕生か?「Appleシリコン」がもたらす影響【後編】

「Mac」のCPUがIntel製の「Intel Core」シリーズからApple独自開発の「Appleシリコン」になることは、エンドユーザーにどのようなメリットをもたらすのか。専門家がCPU変更の影響を予想する。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Mac | Apple | ARM | ビジネスPC


 Appleは同社のクライアントデバイス「Mac」に使用するCPUを、現在のIntel製CPU「Intel Core」シリーズから、Armアーキテクチャベースの自社開発CPU「Apple Silicon」(Appleシリコン)に移行する。CPUの変更によって消費電力が減り、パフォーマンスが向上するという。同社は2020年内に、Appleシリコンを搭載した最初のMacを出荷する見通しだ。

 AppleはAppleシリコンに移行するメリットについて「消費電力の削減」と「パフォーマンスの向上」以外は明確にしていない。「Appleは従来のMacが搭載していたIntel Coreではできなかった素晴らしいことが、Appleシリコンでできるようになる可能性について、実際にはまだ何も言っていない」と、調査会社Forrester Researchのバイスプレジデント兼プリンシパルアナリストのフランク・ジレット氏は語る。

Appleシリコンが“iPhoneのようなMac”を実現?

 今後のMacは、スマートフォンと同じようなユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)になる可能性があるとジレット氏は予想する。「デバイスが電源を切った状態またはスリープ状態から素早く起動して、ほぼ即座に機能するようになるのではないか」(同氏)

 AppleはAppleシリコンを生かした施策を次々に打ち出すだろう。ただしそれを目にするのは「2、3年先になる」とジレット氏は予想する。Appleは、新しいハードウェアを発表する準備が整うまで、それを披露しない傾向があるからだ。

 類似する技術を用いたCPUがMacだけでなくスマートフォンの「iPhone」やタブレットの「iPad」といったApple製デバイスを横断して組み込まれるようになれば、デバイス間で一貫性のあるUXを実現できる可能性があると、フリーランスアナリストのエリック・クレイン氏は語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...