徹底レビュー:進化を遂げた「Galaxy Note7」、iPhoneファンの気持ちを逆なでする機能とは水中でも「Pokemon GO」ができる(1/2 ページ)

「Galaxy Note7」は、大きなディスプレイ、生産性を向上するスタイラスペンなど、「Galaxy Note」シリーズの最新機種として進化を遂げている。その実力を確かめてみよう。

2016年08月13日 07時00分 公開
[Jamison CushTechTarget]

関連キーワード

Google | Android | モバイル端末 | OS


Galaxy Note7の拡大機能 Galaxy Note7の拡大機能《クリックで拡大》

 Samsung Electronics(以下、Samsung)の「Galaxy Note」シリーズの最新機種は、エッジデザインを採用している。実際、両サイドがエッジ仕様だ。さらに、新しいSamsungのスタイラスペン「Sペン」の機能、セキュリティ機能が加わっている。そして恐らく、スマートフォン史上最も洗練されたデザインといえる。名称は、「Galaxy Note7」となった。いくらか性能が強化され、多くの新しいソフトウェアの工夫や要素が加えられている。中には、Samsungの「Galaxy edge」シリーズに由来するものもある。

 Galaxy Note7は、前身であるSamsungの「Galaxy Note5」に比べ、スマートフォンの強化版という印象がある。そのため、Note6をスキップしてNote7にしたのだろう。これは明らかに、Galaxy Noteシリーズの世代の数字をSamsungの他の「7」製品(「Galaxy S7」「Galaxy S7 edge」「Notebook 7」)に合わせるブランド戦略だ。単に、進化を遂げたからだけではないのだ。

Sペン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。