次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?特選プレミアムコンテンツガイド

個人向けデバイスの印象が強いiPhoneシリーズだが、業務用に活用する企業も多い。iPhone導入の効果と、これから登場するとみられる「iPhone 8」(仮称)をはじめとする2017年のモバイルデバイス動向をチェックする。

2017年06月09日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?

 企業の業務内容を改善するためにモバイルデバイスを活用する事例が増えている。これまでは業務管理システムがモバイルデバイスに対応しておらず、モバイルデバイスを持つ外回りやフィールドワークに従事するスタッフが利用できないケースが多かった。しかし、最近ではiPhoneシリーズやAndroidスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスを業務管理システムと連携させて、全てのスタッフがITによる業務改善の恩恵を受けることが可能になってきている。

 モバイルデバイスの活用で恩恵を受けるのはエンドユーザーだけでない。業務改善のためのアプリを社内開発しているIT部門にもモバイルデバイスの活用はメリットがある。

 エンドユーザー側の現場スタッフや開発側のIT部門それぞれで、モバイルデバイスを業務で活用するメリットとは何か。その具体的な内容と、「iPhone 8」(仮称)をはじめとして2017年に登場する可能性のあるモバイル新技術の動向をTechTargetジャパンに掲載した記事で紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...