2017年06月09日 12時00分 公開
特集/連載

次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?特選プレミアムコンテンツガイド

個人向けデバイスの印象が強いiPhoneシリーズだが、業務用に活用する企業も多い。iPhone導入の効果と、これから登場するとみられる「iPhone 8」(仮称)をはじめとする2017年のモバイルデバイス動向をチェックする。

[TechTargetジャパン]
次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?

 企業の業務内容を改善するためにモバイルデバイスを活用する事例が増えている。これまでは業務管理システムがモバイルデバイスに対応しておらず、モバイルデバイスを持つ外回りやフィールドワークに従事するスタッフが利用できないケースが多かった。しかし、最近ではiPhoneシリーズやAndroidスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスを業務管理システムと連携させて、全てのスタッフがITによる業務改善の恩恵を受けることが可能になってきている。

 モバイルデバイスの活用で恩恵を受けるのはエンドユーザーだけでない。業務改善のためのアプリを社内開発しているIT部門にもモバイルデバイスの活用はメリットがある。

 エンドユーザー側の現場スタッフや開発側のIT部門それぞれで、モバイルデバイスを業務で活用するメリットとは何か。その具体的な内容と、「iPhone 8」(仮称)をはじめとして2017年に登場する可能性のあるモバイル新技術の動向をTechTargetジャパンに掲載した記事で紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...