2015年06月21日 09時00分 公開
特集/連載

iPad/iPhone用電子書籍アプリの一押しは? 定番アプリ4種を徹底比較「iBooks」か「Kindle」か、それとも……(1/2 ページ)

米Appleの「iPad」「iPhone」で利用できる電子書籍リーダーアプリが充実している。標準搭載の「iBooks」と、サードパーティー製アプリ3種の計4種を徹底比較する。

[Jen EdwardsTechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | Amazon | iPhone | 電子書籍


画像 iPadなどのiOS端末は、電子書籍の閲覧端末としても便利に使える(出典:Apple Japan)《クリックで拡大》

 近頃ではタブレットでほとんど何でもできる。だがときには快適な椅子に座り、ゆったりと読書にふけりたいこともある。幸いなことに、タブレットで利用できる電子書籍リーダーアプリケーションは豊富に出回っている。ベストな選択をするにはどうすればよいか。

 コストは判断材料にならない。主要な電子書籍リーダーアプリは無料だからだ。こうしたアプリの開発元は、書籍の販売で利益を得ている。

 デジタル著作権管理(DRM)の制限から、電子書籍ストアが定める連係アプリを使って電子書籍を読まなければならない場合もある。例えば、自分の読みたい新刊本が米Amazon.comまたは米Barnes & Nobleのストアでのみ販売されている場合、それぞれの所定の連係アプリを選ばなければならない。

 だが、あなたがまだ電子書籍に慣れておらず、ベストな電子書籍リーダーアプリを探しているなら、本稿が助けになるだろう。米Appleの「iPad」や「iPhone」といったiOS端末向けに提供されている主要な4つの電子書籍リーダーアプリの長所と短所を把握しよう。

Apple「iBooks」

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...