2015年01月18日 09時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:Amazonが本気を出した新タブレット「Fire HDX 8.9」、たった2つの欠点とはAmazonの商魂が潜在顧客を遠ざける?

米Androidの新しい「Fire HDX 8.9」(2014年モデル)は、市場に出回っている中型タブレットの中でも屈指の製品となっている。だが、Amazonストアとの結び付きが強いことが、一部の潜在顧客を遠ざけてしまう恐れもある。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | OS | Android | スマートデバイス | タブレット


Amazon Fire HDX 8.9(2014年モデル)

 米Amazonは2014年秋に「Amazon Fire HDX 8.9」の新型をリリースした。2013年モデルと比べて、プロセッサの高速化、サウンド機能の向上、ソフトウェアの更新が施されている。その一方で、ディスプレーとデザインについては従来モデルを踏襲している。

 本稿でレビューする新しい2014年モデルは、価格はわずか379ドル、画面は9インチに満たないが、Amazonの最大かつ最も高価なタブレットだ。

仕上がりとデザイン

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。