「iPhone」にも「Android」にも役立つ、個人情報ダダ漏れを防ぐ5つの手段モバイルデータセキュリティ向上ガイド

モバイルデバイスにはセキュリティの懸念点が少なくない。従業員が使うモバイルデバイスのデータを保護するには、現状の脅威に関する正しい知識と、対策となる技術の理解が役に立つ。

2016年04月13日 12時00分 公開
[Eddie LockhartTechTarget]
iPhone SE モバイルデバイスのセキュリティをどう確保するか(出典: Apple)《クリックで拡大》

 従業員が「iPhone」や「Android」スマートフォンといったモバイルデバイスを業務に使う場合、企業のIT部門が各デバイスのセキュリティを確保するためには、知識が必要だ。

 モバイルデバイスのデータは、多種多様な方法で悪用される可能性がある。パスコードを設定していないデバイスを紛失したり盗まれたりする単純な例もあれば、従業員のスマートフォンに入り込んだ不正アプリケーションから企業のネットワークに侵入されるといった複雑な例もある。

 どこで発生する脅威であれ、少なくともそのリスクを小さく抑えることは可能だ。

モバイルデータセキュリティの主要な手段

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。