2022年06月17日 10時15分 公開
特集/連載

iPhoneで“野良アプリ”をどうしても使いたい人がやるべきことiOS「サイドロード」の実態と危険性【第4回】

iOSデバイスに、App Storeにないアプリケーションをインストールする必要が生じた場合、IT担当者は何に気を付ければよいのか。危険があるポイントやリスクの緩和策を解説する。

[Kyle Johnson,TechTarget]

 AppleのスマートフォンOS「iOS」は自由度が低く、全てのアプリケーションを同社公式ストア「App Store」から入手する必要があると考える人がいる。だが必ずしもそうとは限らない。同社は特定用途に向けて、App Store以外からアプリケーションを入手する「サイドロード」によるアプリケーションのインストール方法を用意している。とはいえサイドロードしたアプリケーション(「野良アプリ」とも呼ばれる)は、攻撃者がマルウェアを「iPhone」などのiOSデバイスに送り込む入り口となり得る。

それでも野良アプリを使いたい場合

 リスクを理解した上で、それでもサイドロードが必要な企業は、

  • アプリケーションのインストール用ファイルである「IPA」(iOS Application Archive)ファイルやアプリケーション開発元が、信頼に足るかどうか

を十分に確認しなければならない。

 iOSでのサイドロードには、アプリケーションの導入や実行に関する制限を解除する「Jailbreak」(脱獄)が必要な場合がある。脱獄はiOSデバイスを危険にさらす。もし脱獄が必要だということになれば、IT担当者は自社のサイバーセキュリティモデルを検討し直すべきだ。

 野良アプリをiOSデバイスにインストールするのは、セキュリティの観点から見て良いものではない。モバイルセキュリティベンダーLookoutによれば、サイドロードされたiOS用アプリケーションは、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使ってデバイスへ自由にアクセスできるようになる可能性がある。

 iOSデバイスでサイドロードをする場合、特に仕事用のデバイスについては、十分に注意する必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...