2015年05月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“真のモバイル化”に不可欠な技術要素を紹介iPhone/Androidスマホを仕事で使うなら必携の「4種の神器」はこれだ

スマートフォンやタブレットといったモバイル端末を導入しただけでは、真の意味での「モバイル化」とはいえない。企業のモバイル化を支える4種の要素を紹介する。

[Colin Steele,TechTarget]
tt_tt_Mobile_01.jpg モバイル端末向け業務アプリケーションの例(TechTargetジャパン記事:もうネイティブアプリはいらない? 「HTML5」で業務アプリはここまでできる)《クリックで拡大》

 ビジネス部門とIT部門のリーダーは近頃、モバイル化に心を砕いている。モバイル化を進めるとは実際、どういうことなのだろうか。

 ここでいうモバイル化は企業にとって、購入できる製品でも、申し込めば使用できるサービスでもない。より生産的で柔軟で機動性の高いビジネスを実現するための複数の製品とサービスの集合だ。そこでは、新たなビジネスプロセスやIT活用も求められる。

関連記事

tt_tt_150503_news04.jpg

米GoogleのモバイルOS「Android」のセキュリティは、米Appleの「iOS」との差を縮めつつあるものの、マルウェアや企業データ損失への対応ではまだiOSより脆弱だ。


 エンタープライズモバイルという新しい分野を構成するテクノロジースタックは、バックアップやデータ損失防止といった従来技術から、新興のアプリケーション開発プラットフォームや管理スイートまで、さまざまな要素がある。

 本稿では、エンタープライズモバイルの幅広い技術を概観する。一見異種な技術の組み合わせが、企業のモバイル化を支援する。適切な製品やサービスを選定する参考になれば幸いだ。

モバイルアプリ開発

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...