2016年12月06日 08時00分 公開
特集/連載

「Android」と「iOS」以外のモバイルOSに、巻き返しのチャンスはあるか?思い出したい「Tizen OS」「webOS」

これまで「Android」や「iOS」に取って代わる新しいモバイルOSは幾つか登場したが、どれも成功はしていない。今後、AndroidとiOS以外のモバイルOSが企業市場で成功するチャンスはあるのだろうか。

[Craig Mathias,TechTarget]

 今日のモバイルOS市場を「Android」と「iOS」が独占しているのはよく知られていることだ。だからといって、両OSがその地位を永遠に守れるとは限らない。“次に来ること”を的確に予測するためには、GoogleとAppleを追うモバイルOSについて確認しておく必要があるだろう。

 モバイルOS市場はAndroidとiOSのシェアが大多数を占める。かつて市場で大きな勢力を誇った「BlackBerry OS」と「Symbian OS」に、もはや以前の勢いはない。モバイルOSの競争でもMicrosoftが圧勝するかと思いきや、実装や設計で選択の誤りが重なり、結局、ユーザーはLinux(Android)やAppleに流れた。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...