2016年12月06日 08時00分 公開
特集/連載

「Android」と「iOS」以外のモバイルOSに、巻き返しのチャンスはあるか?思い出したい「Tizen OS」「webOS」

これまで「Android」や「iOS」に取って代わる新しいモバイルOSは幾つか登場したが、どれも成功はしていない。今後、AndroidとiOS以外のモバイルOSが企業市場で成功するチャンスはあるのだろうか。

[Craig Mathias,TechTarget]

 今日のモバイルOS市場を「Android」と「iOS」が独占しているのはよく知られていることだ。だからといって、両OSがその地位を永遠に守れるとは限らない。“次に来ること”を的確に予測するためには、GoogleとAppleを追うモバイルOSについて確認しておく必要があるだろう。

 モバイルOS市場はAndroidとiOSのシェアが大多数を占める。かつて市場で大きな勢力を誇った「BlackBerry OS」と「Symbian OS」に、もはや以前の勢いはない。モバイルOSの競争でもMicrosoftが圧勝するかと思いきや、実装や設計で選択の誤りが重なり、結局、ユーザーはLinux(Android)やAppleに流れた。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...