Androidの危険はモバイルアプリ管理「MAM」で減るか端末アクセス制御との併用が現実的

不正アプリが相次ぎ発生するAndroid。アプリ管理機能を備えた「MAM」は、企業利用に耐えるセキュリティをAndroidにもたらすことができるのだろうか。

2012年07月25日 08時00分 公開
[Sander van Vugt,TechTarget]

 Android向けのモバイルアプリケーション管理機能を用いれば、IT部門はAndroidアプリケーション関連のセキュリティリスクを一部は解消できる。ただし全てのリスクを解決できるわけではない。

 Androidのモバイルアプリケーション管理に関しては、IT部門には比較的限られた選択肢しか与えられていない。だがIT管理者は、モバイル端末からLANへのアクセスを規制することによって、セキュリティ問題をいくらか解消できる。

 企業環境でAndroidアプリケーションを管理するのに一番確実な方法は、米GoogleのAndroid向け公式アプリケーションストア「Google Play」に代わる仕組みを用意することだろう。何しろ、Google Playの場合「自分の端末にどのアプリケーションをダウンロードしてインストールするか」は、完全にユーザーの管理下にある。その上、Google Playには正規アプリケーションを装ったマルウェアの脅威もある。

 だが、何かしらの別のアプローチを用いれば、IT部門がある程度のコントロールを取り戻すことは可能だ。そうしたアプローチの1つが「モバイルアプリケーション管理(MAM)製品」である(MAMについては「スマートフォン/タブレット管理の新潮流――「MAM」「MCM」とは」も参照)。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。