Microsoft製なのにAndroid管理ツールもサポート、「Intune」が見せる本気Androidのバージョン乱立問題に終止符を打つ

企業のIT担当者に人気があるモバイル管理ツール「Microsoft Intune」。Android for Workをサポートするようになり、大きくシェアを伸ばすのではないかと期待が寄せられている。

2016年10月05日 12時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
Microsoft Intune(画像は日本マイクロソフトの公式Webサイトから)

 「Microsoft Intune」はIT部門の関心を引き続けている。「Android for Work」を新たにサポートしたことで、この傾向に拍車が掛かりそうだ。

 Microsoft Intuneは、Microsoftの「Enterprise Mobility + Security(EMS)」スイートに含まれるモバイルデバイスおよびアプリケーション管理ツールで、IT担当者に人気がある。価格が手ごろで、社内で使われている他のMicrosoftソフトウェアと統合できるからだ。このエンタープライズモビリティ管理(EMM)スイートでのAndroid for Workのサポートについては2016年9月に発表したが、「この措置は大きなニーズに応え、Androidの断片化問題に対する企業の対処を容易にする」と、Microsoftの年次カンファレンス「Microsoft Ignite」に参加した専門家は指摘している。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...