2016年10月05日 12時00分 公開
特集/連載

Microsoft製なのにAndroid管理ツールもサポート、「Intune」が見せる本気Androidのバージョン乱立問題に終止符を打つ

企業のIT担当者に人気があるモバイル管理ツール「Microsoft Intune」。Android for Workをサポートするようになり、大きくシェアを伸ばすのではないかと期待が寄せられている。

[Ramin Edmond,TechTarget]
Microsoft Intune(画像は日本マイクロソフトの公式Webサイトから)

 「Microsoft Intune」はIT部門の関心を引き続けている。「Android for Work」を新たにサポートしたことで、この傾向に拍車が掛かりそうだ。

 Microsoft Intuneは、Microsoftの「Enterprise Mobility + Security(EMS)」スイートに含まれるモバイルデバイスおよびアプリケーション管理ツールで、IT担当者に人気がある。価格が手ごろで、社内で使われている他のMicrosoftソフトウェアと統合できるからだ。このエンタープライズモビリティ管理(EMM)スイートでのAndroid for Workのサポートについては2016年9月に発表したが、「この措置は大きなニーズに応え、Androidの断片化問題に対する企業の対処を容易にする」と、Microsoftの年次カンファレンス「Microsoft Ignite」に参加した専門家は指摘している。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...