2011年10月06日 09時00分 公開
特集/連載

iOSやWindows Phone以上の対策が必要なAndroidセキュリティ攻撃急増中のAndroidを企業はどう使うべきか

増大し続けるAndroidマルウェアやアプリの審査機構といった状況から、IT業界では、Androidのセキュリティは、iOSやWindows Phoneと同じ対応では不可能という認識が広まっている。

[Eric B. Parizo,TechTarget]

 米GoogleのAndroidは、瞬く間にモバイル端末市場でシェアが最大のプラットフォームになった。だが、その勢いに合わせるように、Android端末は企業の情報セキュリティにとって最大の(しかも、最もチェックの甘い)リスクになってしまった。

 Android端末は飛ぶように売れている。米調査会社のNPD Group、Gartner、Canalysが発表した最新の調査結果によると、2011年の第2四半期に販売されたスマートフォンの約半数はAndroid搭載端末だ。この成長は、韓国のSamsung、米Motorola、台湾のHTCなどの、安価で高性能なAndroid端末がけん引している。

 2011年8月第4週の米TechTargetのリポートにあるように、このAndroid人気は攻撃者の目をAndroidに向けさせることにもなった。米McAfeeの最新のデータでは、2011年第2四半期に発見された新しいAndroidマルウェアは、他のモバイルプラットフォームを狙った新種のマルウェアを全て合わせた数よりも多かった。この1カ月で、Androidを標的としたroot権限を取得するトロイの木馬攻撃や、通話とSMSメッセージを記録する新種のトロイの木馬が発見された他、著名なAndroidアプリケーションにトロイの木馬が混入していたことも発覚した。しかし、これらは氷山の一角にすぎない。

 Androidが、iOSやBlackBerryなど他の主要プラットフォームよりも格段に脆弱に見えるのはなぜだろう? セキュリティ調査の多くはAndroidのソースコードに簡単にアクセスできることにフォーカスしがちだが、2011年6月にSymantecのセキュリティレスポンスが公開した報告書(PDF)では、2つの大きな問題が指摘されている。いずれも、ダウンロード可能なアプリケーション(アプリ)の処理に関するものだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...