2011年09月06日 09時00分 公開
特集/連載

Androidユーザーの3分の1はWeb脅威に遭遇 マルウェア感染率は2.5倍2011年上半期のセキュリティ動向

Lookoutが発表した2011年上半期のセキュリティ動向報告書によると、Android端末を狙うマルウェアが増加しており、感染手口も巧妙化しているという。

[Robert Westervelt,TechTarget]

 米セキュリティ企業Lookoutの報告書によると、米Googleのモバイルプラットフォーム「Android」ベースのOSを搭載したスマートフォンは、わずか半年前に比べて同端末を狙ったマルウェアに感染する確率が2.5倍に増加している。

 Lookoutがセキュリティカンファレンス「Black Hat 2011」を前に発表した2011年のモバイルセキュリティ動向に関する報告書では、スマートフォンを脅かす攻撃の増加とAndroid端末の危険性に焦点を当てた。Lookout共同創業者のケビン・マハフィーCTO(最高技術責任者)によると、Androidのセキュリティ問題を分析するに当たり、同社のチームは世界の70万以上のアプリと1000万台の端末から情報を集めた。

 マハフィー氏は報告書発表のブログで次のように記している。「マルウェア作者たちは、ユーザーにマルウェアをダウンロードさせる手口に関してどんどん巧妙になっている。第一の目的は金もうけのようだが、スマートフォンに保存されている大量の個人情報も、攻撃者の創意工夫をかき立てる標的になっている」

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...