2012年07月23日 08時00分 公開
特集/連載

iOSにAndroid、Windows Phone――モバイルOS多様化がもたらす課題異なるアップデートやアプリ配布方法が悩みの種に

スマートフォンやタブレット向けOSの多様化は、企業の端末管理者に多大な負担をもたらす。OSによって異なる管理方法やアップデート方針にどう対処するかが、大きな課題だ。

[Eric Beehler,TechTarget]

 モバイルOSの多様化は、サポート、管理、互換性、配布の問題を引き起こす。IT担当者にとって頭痛の種になることは必至だ。

 モバイルコンピューティング市場は、さまざまな端末やOS、無線ネットワークサービスであふれている。近所の携帯ショップに行けば、20〜30種類のスマートフォンが目に飛び込んでくる。米Appleの「iPhone」や韓国サムスン電子の「GALAXY NEXUS」といったハイエンドの端末もあれば、米GoogleのAndroid搭載端末や米MicrosoftのWindows Phone搭載端末の低価格モデル、カナダResearch In Motionの「BlackBerry Curve」といったローエンド端末もある。タブレットも、ユーザーを魅了しようとしのぎを削っている。

 従来のIT管理といえば、Active Directoryを使ってWindows端末を管理するなど、1つの手段だけでシステムを管理してきた。しかし、さまざまな端末とOSが存在し、同じOSであってもバージョン間で違いがある現在、それは不可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...