iOSにAndroid、Windows Phone――モバイルOS多様化がもたらす課題異なるアップデートやアプリ配布方法が悩みの種に

スマートフォンやタブレット向けOSの多様化は、企業の端末管理者に多大な負担をもたらす。OSによって異なる管理方法やアップデート方針にどう対処するかが、大きな課題だ。

2012年07月23日 08時00分 公開
[Eric Beehler,TechTarget]

 モバイルOSの多様化は、サポート、管理、互換性、配布の問題を引き起こす。IT担当者にとって頭痛の種になることは必至だ。

 モバイルコンピューティング市場は、さまざまな端末やOS、無線ネットワークサービスであふれている。近所の携帯ショップに行けば、20〜30種類のスマートフォンが目に飛び込んでくる。米Appleの「iPhone」や韓国サムスン電子の「GALAXY NEXUS」といったハイエンドの端末もあれば、米GoogleのAndroid搭載端末や米MicrosoftのWindows Phone搭載端末の低価格モデル、カナダResearch In Motionの「BlackBerry Curve」といったローエンド端末もある。タブレットも、ユーザーを魅了しようとしのぎを削っている。

 従来のIT管理といえば、Active Directoryを使ってWindows端末を管理するなど、1つの手段だけでシステムを管理してきた。しかし、さまざまな端末とOSが存在し、同じOSであってもバージョン間で違いがある現在、それは不可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...