2018年08月31日 05時00分 公開
特集/連載

iOS、Androidの両方で動くモバイルアプリを開発するためのツールとはどのツールを使い、どうやってアプリをテストするか

クロスプラットフォームモバイルアプリを開発しようという決断は、IT担当者にとって最初の一歩にすぎない。本稿では、使用するツールの選択肢やアプリのテスト方法を紹介する。

[Kristen Gloss,TechTarget]

関連キーワード

OS | Android | HTML5 | モバイルアプリ開発


クロスプラットフォームモバイルアプリの開発方法は多岐にわたる《クリックで拡大》

 クロスプラットフォームモバイルアプリの開発に踏み切る企業は多いが、これは長い旅路の最初の第一歩にすぎない。開発方法は多岐にわたり、ITプロフェッショナルや開発者は、適した開発方法を構想すべきだ。

 クロスプラットフォームアプリ開発のメリットは数多い。企業はAndroidとiOS向けに別々のアプリを開発することもできるが、クロスプラットフォームフレームワークを使用することで、あらゆるデバイスと互換性を持つアプリを開発することができる。

 クロスプラットフォーム開発は、開発にかかる時間やリソースを抑え、アプリ開発のコストを削減できる。しかも開発者はAndroidやiOSの両方の開発に関する専門知識を持っていなくてもよい。

ハイブリッドアプリかWebアプリか

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。