2018年08月31日 05時00分 公開
特集/連載

iOS、Androidの両方で動くモバイルアプリを開発するためのツールとはどのツールを使い、どうやってアプリをテストするか

クロスプラットフォームモバイルアプリを開発しようという決断は、IT担当者にとって最初の一歩にすぎない。本稿では、使用するツールの選択肢やアプリのテスト方法を紹介する。

[Kristen Gloss,TechTarget]

関連キーワード

OS | Android | HTML5 | モバイルアプリ開発


クロスプラットフォームモバイルアプリの開発方法は多岐にわたる《クリックで拡大》

 クロスプラットフォームモバイルアプリの開発に踏み切る企業は多いが、これは長い旅路の最初の第一歩にすぎない。開発方法は多岐にわたり、ITプロフェッショナルや開発者は、適した開発方法を構想すべきだ。

 クロスプラットフォームアプリ開発のメリットは数多い。企業はAndroidとiOS向けに別々のアプリを開発することもできるが、クロスプラットフォームフレームワークを使用することで、あらゆるデバイスと互換性を持つアプリを開発することができる。

 クロスプラットフォーム開発は、開発にかかる時間やリソースを抑え、アプリ開発のコストを削減できる。しかも開発者はAndroidやiOSの両方の開発に関する専門知識を持っていなくてもよい。

ハイブリッドアプリかWebアプリか

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...