2018年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

PWA、RAMDの長所と短所は「iOSとAndroidのどちらに対応?」から始まるモバイルアプリ開発、3つの質問

モバイルアプリ開発には、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」のどちらをサポートするかをはじめとした、アプリの種類と開発手法が含まれる。IT部門が採用すべきツールやトレンドを3つの質問から明らかにする。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 モバイルアプリの作成を決めたとする。そのアプリが社員向けでも外部顧客向けでも、相当な作業量になる。しかし、その作業の一部を容易にするツールやサービスがある。

 モバイルアプリ開発プロジェクトに取り掛かる場合、その前にITプロフェッショナルが答えを出すべき3つの質問がある。

モバイルアプリ開発プロジェクトの予算を確保しているか

 IT部門のモバイルアプリ開発は、多くの機能の搭載や他システムとの統合を必要とする場合は、特にコストのかかるプロジェクトになる。そのコストは推定10万〜50万ドルになる可能性がある。もしも予算が10万ドルを下回るのであれば、アプリの品質が低下する恐れがある。

 モバイルアプリ開発プロジェクトのコストを見積もる際に、IT部門が考慮する要素はたくさんある。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...