2018年02月13日 05時00分 公開
特集/連載

費用対効果を向上させるにはモバイルアプリ開発の成功に必要な5つのヒント

適切な準備をしなければ、アプリ開発は複雑になり得る。幸先良くプロセスを開始し、最適なツールを武器に開発における無理、無駄を回避しよう。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像 モバイルアプリ開発でも“決断”は重要

 法人用モバイルアプリ開発は「複雑なプロセスで費用対効果が低くなる」か「シンプルなプロセスで費用対効果が高くなるか」のどちらにでもなり得る。自社のアプリ開発は当然後者で進めたいところだ。本稿ではそのために幾つかのヒントを紹介する。

 

重要な決断を早くする

 法人向けのモバイルアプリ開発に着手するときはどこから始めるか戸惑ってしまうかもしれない。一連の決定を早めにすれば開発の第一歩を踏み出しやすくなる。まずは開発するアプリがどのデバイスでの動作を想定しているのか、アプリをネイティブアプリにするか、Webベースのアプリにするか、または両方を併せたハイブリッド型にするかなどを決めるといい。

 開発者はネイティブアプリを開発する場合、一から開発する必要があるため、開発はより複雑かつコストが高くなるが、ネイティブアプリは一般的に他の種類のアプリよりもパフォーマンスが良い。Webベースのアプリ開発はネイティブアプリ開発よりも簡単かつ安価になる。ハイブリッドアプリ開発はこの中間に位置する。ハイブリッドアプリの開発においては、Webアプリの開発と同様に、オープンソースの標準技術を利用できるだけでなく、デバイスにもともと備わっている機能も活用できる。

費用削減のために計画を練ろう

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

日本におけるカスタマーサクセスは「夜明け前」 これから乗り越えるべき3つの壁とは?
日本におけるカスタマーサクセス推進の鍵は「期待値コントロール」と「日本人の特性を踏...

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...

news069.jpg

アマゾンエフェクトに負けない方法とは? 米小売大手TargetからDomoに転じたエグゼクティブに聞く
データが好き過ぎてDomoに転職した元Targetベン・シャイン氏のインタビュー。