2017年05月31日 08時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリの実装方法と開発&テストツール選びComputer Weekly製品導入ガイド

モバイルユーザーの期待は高い。だが万能的な方法は存在しない。それがモバイルアプリ開発に及ぼす影響について解説する。

[Rob Bamforth,Computer Weekly]

 多くの組織が、従業員や消費者、他社の人たちと交流する優れた手段としてモバイルアプリに目を向ける。モバイル開発は、従来型のアプリケーションの後に考えるもの、あるいは従来型アプリの軽量バージョンだったものから、モバイルファーストへと移り変わった。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 モバイルユーザーの期待は高い。だが万能的な方法は存在しない。スマートフォンやタブレットなど、さまざまな形態の端末と各種のOSが使われており、相互に入れ替えられない場合もある。これはモバイルアプリ開発に根底から影響を及ぼす。モバイルアプリはユーザーの好みの端末で使える必要があるだけでなく、異なる端末を横断する一貫した機能が求められる。アプリはまた、ユーザーにとって価値があり、魅力的なものでなければならない。従って、モバイルアプリ開発は従来のアプリ開発を超えた革新的で特殊な分野も網羅する必要がある。

モバイルをコンテキストに

 変化しているのはモバイルアプリケーションの表面にとどまらない。かつてモバイルコンテキストの重点は、位置情報とロケーションベースサービスに置かれていたこともあり、見方によってはそれがARへの関心をかき立てた。今では、モバイル端末のセンサーとクラウドを利用したビッグデータのパワーと容量を組み合わせ、もっと幅広いコンテキスト認識に重点が置かれるようになった。これをリモート機能と組み合わせれば、人工知能(AI)や機械学習、環境知能(AmI:Ambient Intelligence)とも呼ばれる技術を活用できる。

 AmIは、多くの事例でパーソナルアシスタントやチャットbotの姿をしている。知的にサポートされたモバイル交流を、例えば電子メールによる通信過剰状態の簡略化や、エンタープライズアプリケーションの強化といった、ありふれた活動に使ってはいけない理由はない。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。