Windowsタブレットはペンでここまで変わる、ワコム「Bamboo Ink」レビュー2つのプロトコルに対応

タブレットや2-in-1デバイスの使い勝手が向上するアクティブペンは純正製品以外にも多くある。ワコムの「Bamboo Ink」は多くのWindowsタブレットで利用できるペンだ。その特徴とは。

2018年01月07日 05時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Surface Pro


 タブレットの特徴の1つは画面に書き込めることだ。メモを取り、スケッチをし、絵を描くこともあるだろう。だが、スタイラスペンを装備していないモデルも多い。人気の高いMicrosoftの2017年モデル「Surface Pro」もその一例だ。ただし、2-in-1デバイスの多くのユーザーには、ワコムの「Bamboo Ink」がある。この製品は、幅広いWindows PCとの互換性を考慮して設計されている。

 Bamboo Inkは価格9698円(税込、以下同じ)で購入できる。

構造とデザイン

 ペン本体の断面は、円形というよりも三角形に近い。ただ、丸みがあり、とがった部分はない。長さ147ミリ、一番太い部分の直径は10ミリだ。

「Bamboo Ink」《クリックで拡大》

 Bamboo Inkは長時間の利用でも持ちやすく、握りやすい。これは表面がつるつるしていないためだろう。表面にはソフトな質感の触り心地の良い素材が採用されている。

 Bamboo Inkにはケースやバッグに取り付ける金属製クリップが付いている。PCに取り付ける磁石はない。とはいえ、競合他社のスタイラスペンの磁石も全く頼りないので、物足りなさは感じない。いずれにせよ、スタイラスペンの磁石に頼ることはお勧めしない。

ボタン

 Bamboo Inkにはボタンが2つある。1つは手元側の先端(トップボタン)に、もう1つは側面(サイドボタン)にある。

 トップボタンは、アプリケーションの起動に使う。このボタンを1回、2回、3回といずれかの回数短く押すと、「Windows Ink ワークスペース」「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」などのアプリケーションが開く。どのような押し方で何を開くかはユーザーが決めることができる。

 サイドボタンはペン本体からほとんど浮き出していない。そのため邪魔にはならない。このボタンはマウス右ボタンとして簡単に利用できる。本稿のテストで使用したSurface Proでは、Bamboo Inkはホバーをサポートするため、画面にペン先を近づけ、ボタンを押すだけでオプションメニューが開く。

ペン先

 Bamboo Inkにはソフト、ミディアム、ハードの3種類の替え芯が1つずつ付属する。ミディアムのペン先は標準装備されているため、このペン先は2つある。

替え芯のケース《クリックで拡大》

 替え芯は小さなアイテムなので、なくならないようにケースに収められている。とはいえ、ケース自体も40.6×30.4×6.3ミリと小さいため、必要なときにすぐ見つかるように置き場所を決めておく方がよい。

 ケースにはもう1つ仕掛けがある。ケースの1辺に金属製の穴がある。Bamboo Inkからペン先を取り外すには、まずペン先をこの穴に入れペンを2カ所で固定してからそっと引っ張る。爪で引っ張り出そうとすると、壊れる可能性があるのでやめた方がよい。

パフォーマンス

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...