2017年09月09日 05時00分 公開
特集/連載

iPad、Surfaceで賛否両論 タブレットをノートPCとして使うべき理由、使うべきでない理由2つのデバイスを比較して考える(1/2 ページ)

従来型ノートPCの売り上げが落ちている一方、タブレットや2-in-1デバイスの市場は盛況だ。では、次に購入するPCはキーボード付きのタブレットにすべきだろうか。その答えは、PCの使い方によって変わってくる。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Surface Pro | Windows 9 | Surface | ビジネスPC


タブレットを選ぶ理由

画像 Appleの12.9インチ「iPad Pro」(2017年モデル)

 タブレットは薄型軽量のデバイスで、キーボードも装着できる。タブレットの長所は持ち運びやすさにあり、移動の多いユーザーに最適なデバイスといえる。

 柔軟性も大きなメリットの1つだ。メールやレポートを作成するときはキーボードを取り付け、動画、電子ブック、ゲームを楽しむときは取り外せばよい。

 Appleの「iOS」はMicrosoftの「Windows」よりもタッチ画面対応PCに適したOSだ。さらに、Googleの「Android」を搭載したハイエンドタブレットは市場にない。そのため、ノートPCの代わりになるタブレットを探しているユーザーにはAppleの「iPad」の人気が高い。iPadには、9.7インチiPad(3万7800円、税別)から12.9インチ「iPad Pro」(8万6800円)まで選択肢がある。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...