2018年03月08日 09時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発を“爆速化”するツール5選多様なオプションを提供

モバイルアプリケーション開発ツールのベンダーは、ローコード/ノーコード開発プラットフォームから、マイクロアプリ、ワークフローアプリに至るまで、多様なオプションを提供している。

[Colin Steele,TechTarget]

 高速アプリケーション開発ツールは、組織がビジネスプロセスやワークフローをもっと簡単にモバイル化する助けになる。

 エンタープライズモバイルアプリに対する需要はかつてなく高まっている。だがその構築と導入は今も複雑でコストがかさむ。高速モバイルアプリケーション開発ツールは、そうした障壁をなくすことを狙う。

 そうしたツールの中には、コーディングのスキルがほとんどあるいは全くない従業員でも、グラフィカルユーザーインタフェースを使ってアプリを構築できるものもある。また、少数のタスク、あるいは1つだけのタスクをこなすシンプルなアプリを開発できるツールもある。

 この市場では、複数のベンダーがそうしたさまざまなアプローチを採っている。以下に各社の高速アプリケーション開発ツールを紹介する。取り上げるのは「Alpha Software」「Capriza」「PowWow Mobile」「Sapho」「ServiceNow」の5製品だ。

Alpha Software

Alpha Anywhere Alpha Softwareの「Alpha Anywhere」《クリックで拡大》

 Alpha Softwareの「Alpha Anywhere」は、ノーコードとローコードの両方の高速アプリケーション開発ツールを提供するプラットフォーム。開発者は、これらのツールを使ってWebアプリやハイブリッドモバイルアプリ(「Adobe PhoneGap Build」との連携を通じて実現)、モバイルフォームを構築できる。

 Alpha Anywhereのオフライン機能を利用すれば、同プラットフォームで構築されたアプリのユーザーは、インターネットに接続できない場合でも、自分の端末にデータを保存できる。接続が再開されれば、バックエンドアプリケーションやデータベースとのデータの同期をIT部門が管理できる。

Capriza

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...