2018年03月08日 09時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発を“爆速化”するツール5選多様なオプションを提供

モバイルアプリケーション開発ツールのベンダーは、ローコード/ノーコード開発プラットフォームから、マイクロアプリ、ワークフローアプリに至るまで、多様なオプションを提供している。

[Colin Steele,TechTarget]

 高速アプリケーション開発ツールは、組織がビジネスプロセスやワークフローをもっと簡単にモバイル化する助けになる。

 エンタープライズモバイルアプリに対する需要はかつてなく高まっている。だがその構築と導入は今も複雑でコストがかさむ。高速モバイルアプリケーション開発ツールは、そうした障壁をなくすことを狙う。

 そうしたツールの中には、コーディングのスキルがほとんどあるいは全くない従業員でも、グラフィカルユーザーインタフェースを使ってアプリを構築できるものもある。また、少数のタスク、あるいは1つだけのタスクをこなすシンプルなアプリを開発できるツールもある。

 この市場では、複数のベンダーがそうしたさまざまなアプローチを採っている。以下に各社の高速アプリケーション開発ツールを紹介する。取り上げるのは「Alpha Software」「Capriza」「PowWow Mobile」「Sapho」「ServiceNow」の5製品だ。

Alpha Software

Alpha Anywhere Alpha Softwareの「Alpha Anywhere」《クリックで拡大》

 Alpha Softwareの「Alpha Anywhere」は、ノーコードとローコードの両方の高速アプリケーション開発ツールを提供するプラットフォーム。開発者は、これらのツールを使ってWebアプリやハイブリッドモバイルアプリ(「Adobe PhoneGap Build」との連携を通じて実現)、モバイルフォームを構築できる。

 Alpha Anywhereのオフライン機能を利用すれば、同プラットフォームで構築されたアプリのユーザーは、インターネットに接続できない場合でも、自分の端末にデータを保存できる。接続が再開されれば、バックエンドアプリケーションやデータベースとのデータの同期をIT部門が管理できる。

Capriza

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。