ネイティブにこだわらないモバイルアプリケーション開発(MADP)「Sapho」とはGDPRやセキュリティの観点からも考察

エンドユーザーは、通知や複雑なインタフェースにうんざりしている。本稿では、あるモバイルアプリケーション開発(MADP)ベンダーが現代のユーザーの要求に応える方法を紹介する。

2018年06月29日 05時00分 公開
[Erica MixonTechTarget]

 複雑で一貫性のないエンタープライズモバイルアプリケーションに不満を感じるエンドユーザーが増えている。そこで、シンプルさを最優先にするアプリケーション開発プラットフォームが注目されている。この考え方に重きを置いたモバイルアプリケーション開発プラットフォームが「Sapho」だ。企業はこのプラットフォームを使って、従業員が複数のリソースにアクセスする統一インタフェースを構築できる。そう話すのは、SaphoのCTO兼共同創設者のピーター・ヤレド氏だ。2018年5月、Saphoは一貫性と一体性をさらに高める取り組みとして、Microsoftの「Windows 10」との統合を発表した。これによりIT部門は、Windows 10搭載のデバイスを使用するエンドユーザーに、イベントドリブンに通知したり、マイクロアプリケーションをネイティブに送信できたりするようになる。

 本稿では、プログレッシブWebアプリケーションの導入やユーザーインタフェース重視の増加など、モバイルアプリケーション開発の最新トレンドについてヤレド氏に話を聞いた。

――企業は従業員のために、モバイルアプリケーションやデスクトップアプリケーションを増やしていると思いますか。

ピーター・ヤレド氏(以下ヤレド氏) 今モバイルデバイスには、15個ぐらいのアプリケーションがインストールされている。だが、その全ての見た目は異なっている。そして、その全てからの通知に悩まされることになる。ナレッジワーカーなら、ほぼ全ての時間をPCの前ですごす。Saphoは当初、モバイルとデスクトップをサポートするところから始めた。そして、その用途の大半はモバイルになるだろうと考えていた。だが、実際そうはなっていない。

 (エンドユーザーは)大量の通知を望んでいない。他人が申請した経費報告書の通知をApple「iOS」ホーム画面に表示しても意味はない。だが、14日間も処理を待っている発注があり、ベンダーが間もなく入札するというプッシュ通知なら価値がある。Facebookがユーザーの過去の使い方や友人を基に、そのユーザーが関心を持ちそうなことを表示していた時期も短期間だがあった。当然、全く間違いだらけだった。だが、その種のアルゴリズムは機能していた。この点にSaphoは取り組んでいる。アルゴリズムを使って、こうした通知を整理する。

――モバイルアプリケーション開発の最新トレンドは他に何がありますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...