2013年05月31日 17時00分 公開
特集/連載

Android用のWebブラウザ、あなたのニーズに合うのはどれ?週間記事ランキング

「Google Play」に数多く存在するWebブラウザ。代表的なブラウザからニッチなブラウザまでを機能比較し、選定のヒントを紹介した記事が関心を集めました。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

[TechTargetジャパン]

 今週最も多く読まれた記事は、「Android用Webブラウザ12本を比較する」でした。「Chrome」「Opera」「Firefox」といったメジャーなブラウザに加え、「Angel」「Maxthon」「Ninesky」といった比較的無名のものも取り上げています。各ブラウザにはそれぞれ長所と短所がありますが、その多くは無料または安価で提供されています。アドオン機能やFlashのサポート、同期化機能、カスタマイズ性、タッチ操作のサポートなどを選択基準にしていろいろと試し、自身のニーズと好みに基づいてブラウザを選んでみてはいかがでしょうか。

 また、2位には「タブレット信奉者がWindowsマシンを手放さない理由」が入りました。日本マイクロソフトが5月29日にWindows 8 Pro搭載タブレット「Surface Pro」を6月7日に国内販売すると発表したこともあり、注目が集まったようです。この記事では、「モバイル端末は仕事のやり方を大きく変えることになるので、クライアントPCを手放したくない」という従業員の存在を指摘し、モバイル端末だけの生活に移行する際の問題点を解説しています。

 その他、全日本空輸(ANA)学習塾運営の俊英館のiPad導入事例がランクイン。スマートデバイス導入への関心の高さがうかがえる結果となりました。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。