2015年01月15日 08時00分 公開
特集/連載

次に選ばれるモバイル端末は何? 購入動向調査で分かったユーザーのこだわり「2-in-1端末」、2015年に2割が導入へ

企業のIT部門はスマートフォンやタブレットを購入する際に何を重視しているのか。「2-in-1端末」の人気は高まるのか? 米TechTargetが実施したモバイル端末購入に関する調査結果から探る。

[Diana Hwang,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | iPad | Android | Surface | タブレット


 モバイル端末の業務利用が注目を浴びる中、企業のIT部門は、管理性やセキュリティ、コスト、従業員の生産性向上ニーズのバランスを取るという難問に直面している。IT担当者がこれらのうちどれを重視するかによって、モバイル端末の購入条件は変わってくる。

 米TechTargetが最近実施したアンケート調査に寄せられたIT担当者747人の回答からは、企業のモバイル端末購入に関する傾向が見えてきた。

モバイル投資動向を徹底図解

 アンケートの結果を見ると、コスト重視のIT担当者と管理性重視のIT担当者では、スマートフォン購入の動機に明確な違いがある(図1)。

図 図1 スマートフォンの選択要因(複数回答可)

 タブレットについては、初めて購入する場合と買い替えの場合では、購入の決め手が異なることも分かった(図2)。

図 図2 業務用タブレット購入の動機(複数回答可)

 ノートPCとタブレットのコンバーチブルタイプである「2-in-1端末」やエンタープライズモバイル管理(EMM)は、市場ではまだ熟していないようだ(図3、図4)。

図 図3 2-in-1端末の購入意向(複数回答可)

図 図4 EMMの導入意向(複数回答可)

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...