2021年06月12日 05時00分 公開
特集/連載

「Android 12」はどこが新しくなった? デザインやプライバシー機能に注目「Google I/O 2021」でお披露目

Googleが年次カンファレンス「Google I/O 2021」で発表した「Android 12」は、どこが新しくなったのか。デザインのカスタマイズ機能や新しいプライバシー機能など、Android 12の中心的な機能を整理する。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google


 GoogleがモバイルOS「Android」のデザインを刷新した。ウィジェット(小規模アプリケーション)やロック画面を変更し、ユーザーによるプライバシー設定の自由度を高めている。同社の製品管理担当でバイスプレジデントのサミア・サマット氏によると、同社が2021年5月の年次カンファレンス「Google I/O」で発表した「Android 12」は、パーソナライズ、プライバシー、互換性などの刷新要素を盛り込んでいる。サマット氏はAndroid 12を「ここ数年で最大のデザイン変更を施したAndroid」と位置付ける。

好みのデザインに統一する「Material You」とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...