2021年06月12日 05時00分 公開
特集/連載

「Android 12」はどこが新しくなった? デザインやプライバシー機能に注目「Google I/O 2021」でお披露目

Googleが年次カンファレンス「Google I/O 2021」で発表した「Android 12」は、どこが新しくなったのか。デザインのカスタマイズ機能や新しいプライバシー機能など、Android 12の中心的な機能を整理する。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google


 GoogleがモバイルOS「Android」のデザインを刷新した。ウィジェット(小規模アプリケーション)やロック画面を変更し、ユーザーによるプライバシー設定の自由度を高めている。同社の製品管理担当でバイスプレジデントのサミア・サマット氏によると、同社が2021年5月の年次カンファレンス「Google I/O」で発表した「Android 12」は、パーソナライズ、プライバシー、互換性などの刷新要素を盛り込んでいる。サマット氏はAndroid 12を「ここ数年で最大のデザイン変更を施したAndroid」と位置付ける。

好みのデザインに統一する「Material You」とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。